10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.20 (Wed)

2010.11.5 Fri. *World Connection* and more...

近頃寒くなってきましたが、ここでHOTなイベント

R0016110-s.jpg

2010.11.5 Fri. World Connection

・Open 24:00
・Charge 2,500yen(1d) W/F 2,000yen(1d)
・Genre HOUSE
・Artist DJs: DJ&LIVE Performance DJ Robert Owens,DJ MASAKO TSUJII

Robert Owens
1980年代中頃、 Robert Owensは当時発展しつつあったシカゴのハウス・シーンでDJを開始。
数々のアンダーグラウンド・クラブ・ヒットのヴォーカリストとしても名高く、
その歌詞とエモーショナルな歌声でハウスミュージックに命と魂を吹き込んできた。
弱冠20歳の若さで、Larry Heardと共にFingers Inc.として(Jack Trax)と契約を交わし、
今日でもダンス・クラシックスとして愛され続ける名曲の数々、「Mystery of Love」、「Can You Feel It?」、
ロバートの教会で磨き上げられた美しい歌声と心に響く歌詞が際立つ「The Path」などをリリース。
その後、ルーツはクラブにあるという信念を貫いた活動を続け、世界中で引っ張りだこの人気DJとしてだけでなく、
Satoshi TomiieとFrankie Knucklesの代表作「Tears」や、
ビルボード・ダンス・ミュージック・チャート1位を獲得した「I'll Be Your Friend」、
彼を一躍メインストリームへと押し上げた「Ordinary People」等、
数々のダンスフロア・クラシックスのヴォーカリスト、ソングライティングを手掛けるソロ・アーティストとしても活躍。
1998年には Mr Cとコラボレーションした「A Thing Called Love」をリリース、
翌年にはLayo & Bushwackaの「Lowlife」にも参加。
2001年、Photekとの共作「Mine to Give」が各音楽誌で軒並みトップに輝いた他、
Victor SimonelliやBlock 16、London Electricity等とハウス・ミュージックのジャンルを超えたコラボレーションも展開。
ダンス・ミュージック史上最も敬愛されるメール・ヴォーカルは、現在もその歌声で私たちを魅了してやまない。


さらに10/30(SAT) AIR HALLOWEEN PARTY10にも出演するので乞うご期待


そしてAIRでもひとつ!

2010.11.12.FRI. TABLATRONIC set

TALVINSINGH表

こちらもかなーりオススメです


11/12(FRI)
start 10PM door/3500yen with flyer/3000yen AIR MEMBERS/3000yen
Talvin Singh’s presents
TABLATRONIC set
Live: TALVIN SINGH, HIFANA
DJ: CHARI CHARI a.k.a. KAORU INOUE (seeds and ground)
Lounge DJ: SALAM UNAGAMI, Cyril Coppini

この夜、AIRのフロアが独特のスピリチュアルなヴァイブスに包まれることになる。パーティの主役を務めるのは、TALVIN SINGH。アジアン・エレクトロニカの生みの親として知られ、これまでBJORK、MADONNA、BILL LASWELL、坂本龍一といった世界的スーパースターたちとのコラボレーションを実現させてきた、孤高のアーティストである。インドの伝統楽器タブラを駆使した彼のライブ、その名もTABLATRONICセットはまさに圧巻。同じくライブセットで登場するHIFANAのパフォーマンス、KAORU INOUEのCHARI CHARI名義でのDJプレイと併せ、記憶に残る夜となることだろう。
BREAK BEATS / ELECTRONICA / WORLD
スポンサーサイト
01:33  |  Event
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。